投稿日:

ゴボウ茶ダイエットのやり方

ゴボウ茶ダイエットのやり方は、簡単です。

自分でゴボウ茶を簡単につくることができ、それを毎日飲むだけです。

土がついたごぼうを洗い、薄く切った後、ごぼうを天日で乾燥させます。そしてフライパンで炒ったものを通常のお茶を飲むようにするだけで、ダイエットが可能になります。

手間な場合は、パック入りのゴボウ茶で対応してもかまいません。コンスタントにゴボウ茶を作るのが面倒な人は、パックになっているゴボウ茶を買うとよいでしょう。

ゴボウ茶ダイエットをすると、1日2〜3杯飲むだけで体質を改善することができ、痩せやすい体にしてくれます。便秘解消に効果のある食物繊維が豊富なので、ごぼうの若返り効果やダイエット効果は特筆すべきものがあります。ゴボウ茶ダイエットをする時は、まずごぼうを2本買ってきてピーラーでささがきにしょう。そして半日くらい天日干しにします。

その後、パリパリになるくらいまでフライパンで煎るだけです。市販のお茶パックに詰めれば完成です。冷蔵庫で1週間くらい置いておき、飲むときはお茶パック1つをやかんで3分ほど煮出します。ダイエットや体質改善目的で飲む場合、1日でカップ3杯くらいを目安にして飲みます。

投稿日:

ゴボウ茶ダイエットのメリット

ゴボウ茶ダイエットのメリットは、有効成分の働きにより、健康的にダイエットすることができるところです。

飲み続けることで自然と適正体重に向かうので、自然な感じで痩せることができます。

ゴボウ茶には、抗酸化力が高いポリフェノールのサポニン、水溶性の食物繊維のイヌリンが含まれているので、 体内の脂肪分や悪玉コレステロールを吸着してくれます。

便通改善効果が高いので、お腹を引っ込めてくれます。

ゴボウ茶ダイエットは、腸内環境を改善してくれるのがメリットで、 便秘でも下痢でも解消することができます。

モヤモヤした気分を一掃する効果があり、食事量は以前と大きく変わらないのに、 いつの間にか自然と体重が落ちていきます。

イヌリンには、腸内のコンディションを整えてくれる効果があるので、腸内環境が改善されることで体重が落ちるのです。

ゴボウ茶ダイエットをすると、腸内がきれいになるので、 アンチエイジング効果が得られるメリットもあります。 短期間で劇的に痩せることはできませんが、習慣として飲んでいくことで、少しずつ体重に変化が出てきます。

投稿日:

ゴボウ茶ダイエットのデメリット

ゴボウ茶ダイエットのデメリットは、即効性がないところです。

地道に続けていくことで少しずつ効果が出てきます。

ゴボウ茶ダイエットの場合、通常の食事制限や運動でダイエットする方法のように、簡単に痩せることはできません。

的確に脂肪を減らしていくという方法ではなく、あくまでダイエットの補助的な手段に過ぎません。
従って、効果の出方は、他のダイエット法と比べるとかなり緩やかです。
ゴボウ茶ダイエットをしても、短期間で大きく痩せることはできません。

長く継続してコンスタントに飲み続けていかないと効果が得られないデメリットがあります。

即効性がないダイエット法なので、効果が見えづらく、途中で止めてしまうデメリットもあります。
大量に飲むとお腹がゆるくなりやすいデメリットもあるで、下痢体質の人にはおすすめできません。

ゴボウ茶ダイエットは、飲み続けると健康にも良い効果があるのですが、作る手間が面倒というデメリットもあります。
作り置きしておくのが一つのポイントになります。

作成したゴボウ茶は、冷蔵庫保管で一週間くらい持つので、まとめて作り置きしておきましょう。